ノンエー石鹸

睡眠不足とニキビの密接な関係

「夜更かししているとまたニキビができちゃうぞ!」

 

私も昔よく親に言われていたので、夜更かしはニキビの元とずっと
思い込んでいたのですが、

 

夜更かしをするとどうしてニキビができやすくなってしまうのでしょうか?

 

・・・

 

あなたは考えたことがありますか?

 

どれだけの睡眠時間を必要とするかは人それぞれですが、
一般的に睡眠時間が人より少ない人というのはニキビができやすい傾向があるのです。

 

肌の新陳代謝、ターンオーバーが最も活発に行われるのは人間が寝ている間なのです。
特に夜中の12時から2時というのは成長ホルモンが最も分泌される時間帯。

 

この時間帯はいつも起きている・・・

 

という人も多いのではないでしょうか?

 

肌の老廃物が排出され、不要となった肌の古い細胞が新しい細胞によって
下から上へ押しだされる肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズに
いくことによって、健康な肌というのは維持されるのです。

 

睡眠不足が続いている人や、毎日夜遅くまで起きている人は
この肌のターンオーバーが人よりうまくいっていない可能性が高いです。

 

肌のターンオーバがうまくいっていないと、本来剥がれ落ちるはずの
角質層が肌の表面に残ったままの状態になり、肌の表面が固くなって
皮脂の出口である毛穴をふさぎ、ニキビができてしまう原因になるのです。

 

また、

 

夜更かしをしているときというのは、睡眠時より交感神経が優位に働いています。
交感神経が刺激されることで皮脂の分泌が活発化してしまうこともニキビの原因になります。

 

ニキビのみならず、お肌のことを考えれば良質の睡眠をたっぷりとることに
越したことはありませんよ!